2018-05-24

記録のスタイル

今週はワープロを使った演習で、
記録の作成に取り組んでもらいました。
書式については、卒研の時期にボクの
ところに4年生のみなさんが相談に
やってくる内容がズバリ入っているので、
卒研に限らず、いまのうちに使える
ようにしておくと、ちょいちょい幸せに
なれるのではないかと。

●●●

もう、いつ作成したプリントなのか
憶えていないけれど、毎年配布している
プリントに中に次の文章があって、
アンダーラインを引いてもらいながら、
わりとタイムリーな内容だなぁ・・・と
思ってしまいました。

【引用】議事録などの記録は、単なる
備忘録だけでなく、場合によっては証拠の
ような意味をもつことがあるため、
わかりやすいだけでなく、正確であることが
要求される。議事録の場合は書くべき内容が
あり(別記)、毎回おなじ書式(テンプレート)
を使用することが望ましい。とくに記録者が
順番で変わる場合などは、一定の書式を
使用することが重要である。

ずっと、学祭なんかのミーティングを
想定していたので、

【引用】正確に細かいところまで残そうと
すると解りにくくなることがある。
まず結論が書いてあることが大切である。
最終的にどうなったのかという「決定
事項」がぼやけてしまうと記録する
意味がない。

なんていう記載もあるのですが、細かく
書いておくのも、大切だったりしますね。

●●●

省庁から出てきた大量文書のニュース、
局によって取り上げ方にかなり温度差が
あったと思います。さすがにアメフト30分、
財務省10分という時間配分には、えーっ、
という感じはしました。
キャスターは、大切なこともコメントして
いたので、惜しいです。

海にちかい。


マップで見ると
そこそこ海辺。

2018-05-23

不幸中の幸いと思うべき。

背後から不意打ちされたアメフトの
選手が、大けがをしたという話は
聞かないので、よかったと思います。

選手が日常的にトレーニングしていて、
しっかりプロテクターをつけていた
からこそですよね。加害側の選手が
会見で謝罪しましたが、だからと言って
危険な行為であったことに変わりは
ないと思います。
大けがに至らなかったのは、
加害の選手にとっても不幸中の幸い
だったはずです。

監督的な立場にある人から
「相手のQBをつぶせ」という指示が
あったということですが、当該大学の
広報部によれば、

これは本学フットボール部において
ゲーム前によく使う言葉で「最初の
プレーから思い切って当たれ」という
意味です。誤解を招いたとすれば、
言葉足らずであったと心苦しく
思います

とのことで、これがまた火種となって
いるみたいです。

●●●

ボクはそれを聞いて、思ったことが
2つあります。

まず1つは、だったらそのまま
「最初のプレーから思い切って当たれ」
と言えばいいじゃん・・・ということ。
ホントにそういう意味で使ったのかは
疑問ですけどね。

ただアレです。思い起こしてみると、
ITの業界も物騒な言葉は使っていたり
します。プロセス(処理)を強制停止
させるとき、kill という言葉を
使ったりしますし(命令語がそうなって
いる)、逆にプログラムを動作させる
ことを「たたく」と言うことがあります
(キーをたたくからなのかな)。

・・・・・品がないです。

2つめは、あの大学では大学広報が
回答していたわけですが、
某大学の広報委員会も、その手の
対応をするんじゃないだろうね、
ということです。某大学の委員会は、
PR専門だと思っているので・・・。

●●●

くどいようですが、本当に大けがで
なくて、よかったです。

ハシゴ




何かのゲームに
ありそうな
ハシゴの設置。

2018-05-22

自分のことは後回し

年間に何回か「研究集談会」という
企画があります。コンセプトとしては、
学内の先生がたがどんな研究をして
いるのかをお互いに知るためのもので、
これまでは学会の口頭発表のような
感じのスタイルをとることが
多かったです。

正直、あまり積極的に出席していな
かったのですが、ここ1年ぐらいは、
研究推進のチームが外部から人を呼んで
くれたりしているので、連続して
参加しています。

で、月曜も何となく行ってみたら、
いつもとは雰囲気が違うのですよ。
あれれ?と思ったら、若手のグループ
ワークをするということでした。

踵をかえすつもりでしたが、
「せっかく来たんだから、どうぞ」
ということで、1つのテーブルに
入れてもらいました。
4-5人のグループで15分ぐらい
「研究環境を整える」ということに
ついて意見を出し合い(というか、
自由なおしゃべりに近い感じ)、
15分したら席替えして、また15分
ぐらい話をします。最後に最初と同じ
テーブルに集まって、あらためて
意見を述べます。

●●

若手のみなさんの話を聞いていて、
ちょっと意外だったのが、同じ部屋に
いるのに、(気になっていても)
なかなか他の人の研究について話を
聞けないということでした。
遠慮なのか、プライドが高いのか、
ちょっと聞いてみたい感じもしますが、
ボクが口を出すのはアレなので・・・。

それと、いろいろと業務があって、
自分のこと(研究)は後回しにすると
いう場合が多いみたいです。
時間が空くと、そこにミーティングが
入ったり、結局はそこに授業の準備を
入れてしまうのだそうで、そうしないと、
仕事が回って行かないというのです。

大枠では、小規模大学が抱えている
問題がそのまま現れているような気も
するので、なかなか複雑ですが、
使える時間は限られているのだから、
教育としてどんなサービスを展開するか
というのも大切だけど「何を諦めるか」
も考えてゆくべきなのではないかと
思います。

ボクは、強制的に週に1日ぐらいは
研究に費やす日を設定することをトップ
ダウンで決めるぐらいのことをしないと、
なかなかシガラミは断ち切れない
ような気がします。

とくに若手のみなさんの場合は。

4点


チップスターのフタ、
よく見たら4点の
糊付けだった...の巻。

2018-05-21

こけ



ハート型、
みつけた。