2017-06-25

もと。

「元SMAPメンバー」というフレーズって、
ちょっと響きがよくない気がするんですが、
そう感じるのはボクだけでしょうか。
何か別の言い方って、ないのかな・・・。

●●●

岩盤規制に穴をあけるという話がいろいろ
物議を醸しているみたいです。
もうこうなったら、対象を全国に広げちゃう、
みたいな展開になっているみたいです。
世情に疎いボクでも、さすがにそれって、
アレだと思います。

今回の学園もの第二弾は、文科省の元事務
次官だった人が、事情を話してくれているわけ
ですが、官邸側からは疑い拭い去るような
説明がなされないので、元事務次官の話には
信ぴょう性というか、説得力がありますよね。

ぶっちゃけ、一般の人はどちらの事情も
よく知らないんですけどね・・・。

ただ「李下で冠は正さない」というのが、
役所の人だと思うんです。つまり、民間との
付き合いには神経をつかうものだという
ことです。

●●●

何年かまえに、出入りの業者さんと
懇親会をしましょうよ、という話があり
ました。ボクは事情があって欠席でしたが、
あとで聞いたら、財務にいらしたかたも
欠席だったようです。

もちろん完全に割り勘なので、まったく
やましいところは無いんですけど、
職務上、気になったみたいなんですね。
その人は、たぶん飲みかた(飲み会)は
嫌いじゃないし、小さいことは気にしない
タイプだと思うのですが(失礼!)、
どうも遠慮したみたいです。

公務についている人って、そういう気を
つかうものなんですね。ましてや、
何十億円というお金が動くような案件です
からね、新学部の話は。。

レール



なかなか見られ
ないような光景。

単線、多いんで・・・。

2017-06-24

課題さえクリアできれば。

金曜の午後は、ネットワークのセミナーが
あって、夕方まで学外にいました。
セキュリティの話とか、いろいろ・・・。

どこかの学生さんも10人以上聞きに来て
いましたけど、前半のクラウド関連の
セキュリティについては、ちょっと微妙な
感じでした。まだ個人情報とか、社外秘の
ようなデータは扱わないだろうから、
あまり興味がないのかも知れません。
でもでも、後半のクラウドを使ったコミュ
ニケーションツールについては、身を乗り
出すぐらいの勢いでして、ときどきあがる
「おー」とか、「早やっ」という声に、
プレゼンをしていた企業の人が

「ナイス、リアクション!」

って、言うぐらいでした。

●●●

コミュニケーションツールのプレゼンを
した人は、ネットワーク機材では超有名な
C社のかたで、とても話が上手でした。
自分たちが効率的に仕事をするための
ツールをつくりたかったというのが、
開発の動機だったということでした。
(そうしたストーリー展開も上手)

その流れで、職場の環境なんかも紹介
されたわけですが、かなり自由に仕事が
できるようになっているとのことでした。
入社から3年以降は、労働時間の制限も
無ければ、仕事をする場所についても
自由だそうです。デスクで仕事をする人も
いるし、ソファーみたいなところで
ノートパソコンを開いている人もいて、
課題さえクリアできれば方法は問わない
という方針なのだとか。

なんか、ドラマに出てくるような感じの
環境ですよね。

次々と何かを開発しちゃう人にとっては、
たしかに嬉しい環境だと思います。
「課題さえクリアできれば」というのは、
アレですけどね。

カゴの模様



まさか、日焼けして
カゴの網目がついて
しまったバックアップ
ディスクを使うことに
なるとは・・・。

2017-06-23

防災

修学旅行というのは、日本の文化なのかと
ばかり思っていたら、海外でもあるみたいで、
宮日新聞にオーストラリアの高校生20人が
修学旅行で日本にやってきて、地震のときの
揺れを体験したという話が紹介されていました。
(宮日新聞, 2017-06-21)

ときどき地震を再現するトレーラーだとか、
施設がテレビなんかでは登場しますが、
あれを体験したようです。オーストラリアは
地震が少ないので、よい経験になるという
ことでしたが、じつはその施設、訪れる人の
1/4は外国人観光客のようでして、ある種の
人気スポットになっているようです。

外国人が体験するのも、わるくないですが、
当事者の?日本人だって、もっと疑似体験を
しておくとよいのかも知れません。

●●●

防災で思い出したのですが、このところ
日本海側のいくつかの場所でミサイルが
落ちてきたときを想定した訓練が行われて
いることをTLで知りました。
どうも元記事を見ると、都心部ではなくて
郊外が選ばれているような感じですが、
池上 彰さんが言うように、ミサイル攻撃が
懸念される場所は、他にあるような気が
しませんか?

そもそも避難して回避できるようなシロモノ
じゃないような気もするし・・・。

「この世界の片隅に」の場面を思い出すと、
そうした知識が無駄だとは言いませんが、
優先度としては、自然災害ではないかと
思うのですよねぇ。

地震とか津波を想定した防災訓練を
なぜしないんだろ。

スパイダー


壁にいた
ちっちゃなクモは、
足がちょっと
オレンジでした。

2017-06-22

溶接


ぜんぶ金物を
使っていますね。

カッチカチ
やでぇ。